カーポートのメンテナンスならお任せ!プロのエクステリアプランナーがご提案!

0120-947-575

ホーム > カーポートのメンテナンス

カーポートのメンテナンス

カーポートのメンテナンス

本体のお手入れ方法

カーポートを長持ちさせるには、水洗いだけで十分です。

カーポートの素材は、アルミなので「腐ることはない」「メンテナンス不要」と思われがちです。実は、そんなことはありません。鉄ほどではありませんが、空気中の塩分などにより腐食してしまうんです。

また、腐食までいかないにしても汚れが付いてしまうと、放っておけばやはり取れなくなってしまいます。

ただ、頻繁に洗うのは結構大変ですよね。でも、ご安心ください。年に1・2回水洗いするだけで十分なんです。また、軽い汚れならぞうきんで拭くだけでもいいんです。それだけでカーポートを長く美しく保つことができます。

水洗いではどうしても取れない頑固な汚れがある場合は、下記の清掃方法をお試しください。カーポートメーカーが指定した清掃方法です。

雨樋のお手入れ

カーポートの屋根には、毎日のようにいろいろなゴミやホコリ・砂が舞っています。そのゴミやホコリが溜まる部分は屋根の一番低い場所、すなわち後枠(トイ)の部分です。

ここをお手入れするだけでも、長くキレイにご利用いただけます。

後枠(トイ)の掃除

カーポートの後枠は横トイの役目も兼任しています。ここにゴミがたまりやすいので、ぞうきんなどの布を使って拭き取ってください。雨が降った後だと濡れているので掃除がしやすいです。

ただし、狭い部分なので必ず軍手か手袋などをつけて、怪我をしないように心掛けてください。

ゴミ出しエルボ(縦トイ)のお手入れ

メーカーや機種によって違いがありますが、縦トイのエルボが「ゴミ出しエルボ」になっています。ここは縦トイの折れ曲がる部分なのでゴミがたまりやすいのですが、フタをくるくる回して外すことが出来るので、たまったゴミが簡単に取り除けます。雨が降った後は、水がたまっているので、取り外す時に注意してください。

屋根ふき材のお手入れ

屋根ふき材のお手入れですが、高いところの作業なので少し大変ですが、基本的には水洗いでOKです。

カーポートの屋根ふき材はポリカーボネートなのですが、ポリカーボネートは衝撃にはとても強く割れにくいのですが、表面は傷つきやすい素材なので、決してデッキブラシでは擦らないでください。細かい傷がたくさんついてしまいます。


PAGE TOP