カーポートのDIYならお任せ!プロのエクステリアプランナーがご提案!

0120-947-575

カーポートとは

カーポートが欲しくなる時ってどんな時でしょうか?

・お家を新築された時

・お庭をリフォームされた時

・新車を購入された時

・雪害や台風で壊れた

きっかけはいろいろあると思いますが、本来の目的は【お車を守りたい】ということですよね。

では、カーポートがあればどんなことからお車を守れるのでしょうか?

・雨からお車を守る

・日光、紫外線からお車を守る

・鳥の糞からお車を守る

・黄砂や鉄粉などからお車を守る など。

・霜からお車を守る

屋根のないところに放置してしまっては、せっかく高いお金を払って購入したお車も台無しです。長く乗り続けるにしても、新しい車に乗り換えるにしてもボディにダメージが無い方がいいに決まっています(下取り価格にも違いが出ますから)。

カーポートのメリットはお車を守ること以外にもあります。

お客様のカーライフを快適にすることです。

例えば。

・洗車の頻度を少なくできる

洗車したばかりなのにすぐに雨ざらしになったり、鳥の糞にやられた!なんてことはありませんか?

「キレイに洗ってワックスまでかけたのに。」とか「お金を払って洗車機にかけたばかりなのに。」っていうことありますよね。

また、黄砂などがボディについたまま雨ざらしになると、まだら模様になってブルーな気持ちになってしまいます。「また洗わなきゃ・・・。」と後悔することも少なくありません。

・真夏の車内温度を抑える

真夏にお出かけしようとお車に乗った時、社内が暑くて換気に時間が掛かったり、ハンドルが熱くて握れなかったり、それだけで汗だくになってしまったりと大変な思いをしたことはないですか?

カーポートの屋根材は一般的にはポリカーボネートというものが使われていますが、その中でも“熱線遮断”とか“熱線吸収”などのタイプは光を通しながらも熱線を軽減させるので、社内の温度上昇を抑えることが出来ます。

また、セッパンタイプなら屋根がスチールなので光も通さず、熱線もカットします。

・冬の霜が降りなくなる

真冬に外出しようとして、フロントガラスに霜がびっしり。あるいは雪がどっさり。朝の急いでる時間だと霜をこすったりお湯をかけたりして面倒だなと思ったことはないですか?

カーポートの屋根があれば、お車に霜が降りることも雪が積もることもありませんので、スムーズな出発が出来ます。

カーポートのDIYにかかる費用

さて、カーポートをご自分で施工するとしたら、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

1台用の片流れカーポートとして例を挙げます。

必要なもの

  • カーポート本体部材・・・YKKAPレイナポートグラン 51-24 標準柱 ポリカ屋根
  • インパクトドライバー(または電動ドライバー)
  • コーキング材、コーキングガン
  • 脚立(7尺~8尺)
  • ショベル(またはスコップ、穴掘り)
  • 砂、セメント(必要に応じて砂利)
  • サンダー、ブレーカー(駐車スペースがコンクリートの場合に穴を開けます)

 

工事にかかる費用は下記のようになります。

  • カーポート本体・・・メーカー希望小売価格217,500円 40%引きとして130,500円
  • インパクトドライバー・・・10,000円程度
  • コーキング材・・・500円程度 コーキングガン・・・500円程度
  • 脚立・・・15,000円程度
  • ショベル・・・1,000円程度
  • 砂、セメント・・・砂1袋200円程度×10袋 セメント1袋400円程度

合計 159,900円(税別)といったところです。

カーポートのDIYにかかる所要時間

片流れカーポートの構造は、下記のように分かれています。

①屋根材(ポリカーボネート) ②前枠 ③側枠 ④後枠 ⑤梁(はり) ⑥柱 ⑦雨樋 ⑧母屋(もや) ⑨垂木 ⑩屋根ふき材押さえ

 

これらを順に組み立てていくのですが、工事に慣れている人(いわゆる職人さん)なら一人で組み立てる方もいらっしゃいますが、一般の方なら2名か3名での施工をお奨めします。

まずは柱を立てるための穴を開ける作業です。柱を立てるところが土の場合、各メーカーが推奨している基礎の大きさは約90cm×約30cm角で深さは55cm程度。柱を立てるところが土間コンクリートの場合は、50cm×25cm角で深さが約55cmです。

しかし、ホームセンターや販工店などは30cm×30cm角の基礎が主流のようです。

メーカーが推奨している大きさで土の場合の穴を開けるには、職人さんでも小さな重機を使います。人が掘るには大変すぎるんです。穴を2ヶ所開けるだけで一日が終わってしまします。30cm×30cmでもカーポートが傾くことは多くありません。ただし、下地の柔らかさにもよりますが。

30cm角で穴を2ヶ所開けるのに、職人さん一人で1時間~2時間です。一般の方ですと、二人で2時間というところでしょうか。垂直に穴を開けるのは案外大変なんです。

土間コンクリートの場所ではさらに大変で、コンクリートにサンダーで切れ目を入れてからブレーカーでハツリ工事をします。ハツリ工事というのは、コンクリートや岩盤などを叩き割る作業です。一般住宅の場合、コンクリートの厚みは約10cmくらいですが、これも慣れていない方がやるにはとても困難な作業です。

次に、柱を立てて高さを調整します。ここで柱の高さを間違えてしまってはあとで取り返しがつきません。調整が済んだら仮止めや養生をしながら組み立てていきます。YKKAPのカーポートの場合、ボルトが1種類しかないので分かりやすいです。(ほかのメーカーでも2~3種類です。)

骨組みの組立が済んだら、いよいよ大詰め。屋根材を張っていきます。風が強い日は屋根材を張るのをやめてください。風にあおられて作業がしにくいのと、基礎が固まる前にカーポートが風を受けて傾いてしまう恐れがあるからです。

最後に、柱の基礎の穴にモルタルまたはコンクリートを入れます。

ここで、30cm×30cm×55cmの穴の大きさが分かると思います。モルタルを入れても入れてもなかなか上までたどり着きません。モルタルまたはコンクリートを練る場合、小さなバケツで練るのはおやめください。大きなバケツか一輪車など一度に大量に作れるものをお奨めします。

柱の周りにモルタルまたはコンクリートがしっかり入っても、すぐには固まりません。作業が終わってから丸一日はカーポートが傾かないように角材などでカーポートを支えておいてください。

ということで、カーポート自体を組み立てる実質的な時間は、大人2~3人で2日くらいでしょう。完全に使えるようになるのは3日目からですね。

ちなみに職人さんなら1日で終わらせてしまいます。(中には半日で終わらせてしまう方もいらっしゃいます)

DIYするより、楽ちんでお得?

エクステリア用品の日本最大級の通販サイト「キロ」では、よりお安く、気軽にカーポートを提供させて頂くために、自動見積りの専門サイトまでオープンさせました。希望のメーカーを選んだり、ご自分の車の台数や設置面積などに答えていくだけで簡単に工事費までを含めた御見積を取ることができます。全国の施工主と提携しているから、価格は激安!もし他店より高ければ徹底対抗いたします。詳細は下のバナーをクリック!

カーポートの激安価格見積り専門店

キロでは価格保障をしています。他社さんの見積見せてください!

キロの工事なら多数の施工実績がありますのでご覧ください。


PAGE TOP